AIロボットと房州うちわ

人工知能(AI)を搭載したロボットの発達によって今後多くの仕事が奪われると言われています。
家具作り職人の工房で、加工を担当するAIロボットがテレビで紹介されていました。熟練の大工でも難しいカットを簡単にこなすそうです。

AIロボットが発達すれば「房州うちわ」職人の仕事も奪われるのでしょうか。

そんなことはありません。

国が指定する伝統的工芸品の要件の一つとして「製造過程の主要部分が手作り」と規定されています。
そのため、伝統的工芸品である「房州うちわ」を作る仕事がAIロボットに置き換わることはないのです。

女竹探し

房州うちわの主材料は女竹という細い竹です。
当会では女竹を取らせていただける場所を探しています。
今回は、都市の人々の2拠点生活の起点となっている「ヤマナハウス」さんにお伺いし、親切にも色々案内いただきました。

 

聖徳祭に参加しました

産学協働プロジェクトでご一緒している聖徳大学(松戸市)の学園祭(聖徳祭)に参加してきました。

房州うちわの販売をしたり、聖徳大学短期大学部の学生さんがデザインしたうちわのアンケートを学生さん自身に取っていただいたりしました。

多くの方にアンケートに答えていただき、うちわも買っていただきました。
チーバくんも遊びに来てくれました。

「房州うちわ」の動画再生100万回

4か月前(2018年6月)に投稿された「房州うちわ」の紹介動画が、なんと再生回数100万回を超えました。

これは訪日外国人向けメディアであるIkidane NipponのFacebookページに投稿された動画です。

多くの「いいね」「シェア」の他「コメント」も多数付いており、伝統工芸品の職人は海外からも多くの賞賛をもらえる仕事だと感じました。

地元で「房州うちわ」の露出

JR富浦駅前にある元観光案内所に当工房で作ったうちわを飾っていただいています。

近くの道の駅などで「房州うちわ」を見ることはできますが、道の駅に行かない地元の方が目にする機会は少ないのではないでしょうか。

地元の方々にも「房州うちわ」を知っていただくことが大切だと思っています。

「房州うちわ」制作風景の撮影

外国人に日本らしさを伝えるインターネットサイトの方が、「房州うちわ」の制作風景を撮るために東京から訪れました。
いつも指導していただいている、伝統工芸士の太田さんが撮影に応じてくださいました。

海外の方に「房州うちわ」を知っていただくいい機会になればと思います。

南房総市の「市民提案型まちづくりチャレンジ事業」活動を報告しました

2017年5月から2018年2月の期間は南房総市の「市民提案型まちづくりチャレンジ事業」として助成金をいただきながら活動してきました。

3月21日の春分の日に、その活動内容を南房総市に報告すると共に、市民活動発表会にて発表しました。

房日新聞の関連記事
http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=12130

 

発表した内容の概要は以下の通りです。

・「房州うちわ」講習会の参加者は延べ125名
・上達程度は参加者により様々だが、想像より上達している
・今夏の目標を「房州うちわ」として売れる団扇を作って一本でも売ることとする

 

平成30年度も南房総市の「市民提案型まちづくりチャレンジ事業」へ応募して活動を充実させていきたいと考えています。