AIロボットと房州うちわ

人工知能(AI)を搭載したロボットの発達によって今後多くの仕事が奪われると言われています。
家具作り職人の工房で、加工を担当するAIロボットがテレビで紹介されていました。熟練の大工でも難しいカットを簡単にこなすそうです。

AIロボットが発達すれば「房州うちわ」職人の仕事も奪われるのでしょうか。

そんなことはありません。

国が指定する伝統的工芸品の要件の一つとして「製造過程の主要部分が手作り」と規定されています。
そのため、伝統的工芸品である「房州うちわ」を作る仕事がAIロボットに置き換わることはないのです。