職人技の伝承

親が伝統工芸品の仕事に従事していた場合、その子供は小さいころから親の仕事を見てていることで自然と仕事を覚えることができます。

ところが、子が親の仕事を継がないことで家庭内での伝承が途絶えた場合は、異なる方法で家の外の者に伝承していかなければなりません。

弟子を迎え入れて何年かは雑用しながら仕事を見て盗めといったやり方の職人さんもいらっしゃることでしょう。師匠の仕事を見て技を盗むというのも高度な技術が必要です。

「房州うちわ伝福連携の会」では、まずやり方を教えて、実際にやってみる中でうまくいかないところを個別に指導する方法で進めています。