障がい者と伝統的工芸品の地域性

障がい者の方は、生活支援として地域で福祉のお世話になっている場合が多く、活動のエリアがある程度限定されがちです。そのような中で仕事をしたいと考えた場合、その地域内で仕事が見つかることが望ましいです。

一方で、伝統的工芸品も一定の地域内で生産されていることが条件の一つとなっています。

つまり、地域に暮らす障がい者がその地域の伝統的工芸品産業を支える役割を担うというのはいい組み合わせということが言えます。

これが、伝福連携のポイントのひとつでもあります。

 

「房州うちわ」の「房州」とは千葉県南房総市と館山市にまたがる地域を指しています。

当会は、「房州うちわ」をこの地域の障がい者が支えられるよう活動していきます。