職人希望者の出身地

最近、房州うちわ職人になることに興味があるという障害を持った方やその家族の方と複数人お会いしました。
いずれも住まいが房州から遠く、通い続けるのは難しいと思われる方々でした。
日本には全国各地に多くの伝統工芸品があります。後継者不足が多くの産地で共通の課題です。
先の方々はもっと近くに適当な伝統工芸品があればきっと担い手の有力候補になると思います。


多くの伝統工芸品産業が障がい者を後継者として受け入れることを積極的に検討することを期待したいと思います。